グルメ情報

2017/04/16(Sun)

【世田谷グルメ】『包包』~三軒茶屋

世田谷通りから花屋さんの角を曲がり、エコー仲見世商店街を入ったらすぐに
点心の店「包包(パオパオ)」があります。

20150905roomie_paopao_220150905roomie_paopao_3

日本でも肉まんやあんまんは馴染み深いですが、包包の味付けは、店主の故郷、広東省広州市仕込み。
広州市は本場中国の中でも、おいしい点心が食べられる場所なのだそうです。

店頭には大きな冷蔵ケースがあり、ふっくらとした白い皮に包まれたパオが並んでいます。
テイクアウトで夕飯の一品にも丁度良い、焼売や蒸し鳥、ザーサイなども売っています。

人気の肉包は、常時店頭で温められているので、すぐに食べられます。

20150906roomie_paopao_2

ケースの中の包は蒸して食べるのが一番おいしい食べ方らしく、店先でも10分程待てば蒸した物を提供してくれます。
急いでいる方のために、レンジでチンもしてくれますよ。温かいうちにいただきましょう。

ホカホカの肉包。しっかりと味付けされた餡が、日本のものとは一味違います。
味の秘密は、「皮も具も店で手作りしているところ。ここのを食べたら外では食べられない、といってくれるお客さんもいるくらいだそうです。

20150908ECroomie_paopao_1

日本に店を構えた経緯は
「現店舗のオーナーに点心屋をやりたいと声を掛けられて、13年前に夫婦で日本に来たことがきっかけだそうです。
中国でも点心のお店をしており、地元には同じような屋台が沢山ありみんなおやつ感覚で食べるそうです。。
肉包のようなものもあれば、甘いものもあり、気分で選びます」とのことでした。

20150905roomie_paopao_5

ぜひ、三軒茶屋にお越しの際は
おやつを買いに行く感覚で、食べに来てみてはいかがでしょうか?

PAOPAO
http://www.sangen-jaya.com/nakamise/paopao/

包包
住所:三軒茶屋2-13-10
電話番号:03-3410-8806
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日

20150902roomie_PAO_1