インタビュー

2015/07/31(Fri)

下北沢薬膳食堂『ちゃぶ膳』オーナー 高田大治さん

今回は、2015年4月にオークラランド住宅公園で”薬膳カレー”を出店して頂いた薬膳料理店『ちゃぶ膳』(ちゃぶぜん)のオーナー
高田大治さんをインタビューしました。

“オーガニック”や”マクロビオティック”など…空前の健康食ブームの中で、下北沢で昔から変わらずに”薬膳料理”を提供し続ける高田さん。

『ちゃぶ膳』には近縁の来店者だけでなく、はるばる海外から、ベジタリアンのお客さんも食べに来るそうです。

調味料から動物性成分を一切使わない完全菜食主義メニュー(ヴィーガン)のバリエーションは”ヴィーガンラーメン”や”ヴィーガンカレー”など…
お店のメニューは特徴のあるものばかり。

オークラランド住宅展示場で出店した薬膳カレーもまた
健康志向のママさんが、安心安全なものを食べ、またお子さんにも食べさせたいとのニーズから

当日は常に行列が絶えませんでした。

ちゃぶ膳6
<ヴィーガンラーメン>

ちゃぶ膳2
<ヴィーガンカレー>

世田谷を仕事と生活の場にし、自身が出す料理にあくなき追及をする高田さんの想いを語って頂きました。

。・:*:`☆、。・:*:`★  、。・:*:`☆
★.

●Q.1 )店名の由来はなんですか?

ちゃぶ台のある店にしたかったので、名前もそのまま「ちゃぶ膳」にしました。

●Q.2)おすすめのメニューを教えてください。

ラーメン・カレー・魚御膳など、ベジタリアンの方向けと、そうでない方に向けたメニューを用意しております。
それぞれの方々の普段の食生活によって、身体に良い物は異なってきますので、普段の食生活にあわせてメニューをお選び頂きたいです。

●Q.3)『ちゃぶ膳』を始める前は、どんなことをされていたんですか?

スープカレーやラーメンなど、飲食関係のお店に勤めていました。

●Q.4)住宅展示場で薬膳カレーを出されてみていかがでしたか?

住宅展示場って、これからどんな家を建てようかとか、家族とどんな部屋で暮らして行こうかなど、いろいろと想像できる大変夢のある場所だと思います。
そんな場所で私も出店できて、大変楽しかったです。

●Q.5)ヴィーガンにこだわる理由はなんですか?

「乳製品はOK」の方や「玉子だけはOK」の方だったりと、ベジタリアンには多くの種類があります。
ヴィーガンはその中でも厳格で、「ダシを含めて魚・乳製品・玉子など動物性食材は一切摂らない方々です。
逆にそのヴィーガンのメニューを用意できれば、全てのベジタリアンの方々に、お食事を楽しんで頂けるからです。

ちゃぶ膳3

●Q.6)今後、なにか目指していることなどありますか?

店の全メニューをヴィーガンより更に厳格な、「オリエンタルベジタリアン仕様」にする事です。
オリエンタルベジタリアンとは、ヴィーガンの動物性食材だけではなく、更に五葷(ゴクン)とされる野菜を一切摂らない方々です。
五葷は野菜の、ニンニク・ニラ・ラッキョ・ネギ・タマネギ・アサギのことで、これらの野菜に含まれる硫化アリルという成分は、動物性食材の持つ毒消しには極めて有用ですが、動物性食材を摂らないヴィーガンには、逆に陰性に作用する要因の強い為、オリエンタルベジタリアンの方は摂取しません。

そして店のベジタリアンメニューを全てオリエンタルベジタリアン仕様にする方針は、実はもうほとんど実現しています。
現在店で提供しているメニューは極一部を除いて、ラーメン・インドカレー・スープカレーとも、オリエンタルベジタリアン仕様となっております。

ちゃぶ膳5

<発芽酵素玄米でつくられたおにぎり>

ちゃぶ膳7

<ノンべジの方でも楽しめる、好評の新メニュー『タンドリーフィッシュ御膳』>

●Q.6)世田谷(下北沢)と今後どのようにつながっていきたいか、何か考えられていることはありますか?

私には、下北沢で飲食店を開いている友人も多いので、是非ヴィーガンメニューと酵素玄米の普及に努めていきたいです。

●Q.6)その他、何か伝えたいことなどありましたらご自由にどうぞ!
ぜひぜひ一度、お気軽にご来店ください。

。・:*:`☆、。・:*:`★  、。・:*:`☆
★.

ちゃぶ膳1

【薬膳食堂ちゃぶ膳(ちゃぶぜん)】
http://chabuzen.com/

住所:東京都世田谷区代田6-16-20

営業時間:ランチ11:30~15:00
     ディナー17:00~22:00

定休日:毎週火曜日

TEL:080-6603-8587
email:chabuzen@i.softbank.jp